システムトレード研究所 〜FXで完全自動売買〜

このサイトでは、FXで完全自動売買を行うために必要な情報を書いていこうと思っています。システムを自分で作りたい方、システムトレードをやってみたい方は御覧になっていって下さい。
<< Visual modeの簡単な使い方 | main | MetaTrader4 Proactiveへの対応 >>
新しい特典について

 こんばんは、DCです。今回はこのホームページの姉妹サイト「オーダーシステム」で新しい特典を製作しましたので、その紹介をさせて頂こうと思います。



 今回新たに「Dealings_Line」というインディケーターを特典として制作しました。

Dealings_Line」は、今までに取引されたデータをチャート上に表示させるインディケーターです。




 具体的にはチャート上の売買した位置に買い矢印、売りの矢印、決済の矢印などを表示し、その時の損益がチャートに数字で表示され、どのポジションがどこで決済されたかを色のついたラインで結んで表示するため、チャートを見ただけで大体の取引内容が把握できるようになっています。






Dealings_Line





 上の図の赤い矢印は売りのポジションです。

そこから伸びる赤いラインと繋がっている黄色い四角マークが売りポジションの決済ポイントで、
更にバーの下にある数字は損益です。

青い矢印は買いポジションの表示です。




 このインディケーターは直接売買に影響を及ぼすものではなく、売買結果をチャートに表示させるだけの地味なインディケーターですが、
売買がどの様な結果になったのかをチャート上に表示することによって後々の検証などが実にやり易くなります。




 他のインディケーターやシステムと併用して利用することが出来るので、売買結果がチャートに表示されない自動売買システムなどと併用すれば、チャートに結果を表示することができます。





Dealings_Line





 上の図はポジションを取ってすぐの画像です。

決済をすると下の図の様になります。





Dealings_Line





 少し見づらいですが、黄色の四角いマークが表示され、バーの下に損益が表示されました。






 この各シンボル(買い矢印、売り矢印、決済マーク、損益の表示)の色はパラメーターで自分好みに変更することができます。

また、売買の矢印や損益の表示はサイズの変更もできますので、見やすいサイズにすることが可能です。




 もちろん過去の取引も、口座に履歴が残っていれば表示させることが可能ですので、検証に余分な時間を取られることが少なくなります。





 先程上のほうでも書きましたが、このインディケーターを使えば、例えチャートに売買の矢印の表示されないシステムを使用していても、
このインディケーターが変わりに矢印などを描画するのでとても見やすくなります。




 デモトレードやリアルトレードでポジションが表示されないと、検証や確認作業に大きな時間を費やしてしまいます。

この特典がそういった無駄な時間を省略する手助けになればと思います。



 今回はこれで終了です。



 今回の特典について詳しく御覧になりたい方は、こちらを御覧下さい。



 また何か新しい特典などが出来たらまた紹介させていただこうと思います。







システムトレード研究所〜FXで完全自動売買〜INDEXへ


自動売買システム制作のオーダーシステム|FXでオリジナルのシステムトレード





-----------------------------------注意-----------------------------------


 内容には注意を払っていますが、保障は出来ません。
 実際に運用する場合は、自己責任でお願いします。

| 小松 | システムトレード | 17:19 | comments(1) | - |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/02/27 11:52 PM |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>



このページの先頭へ