システムトレード研究所 〜FXで完全自動売買〜

このサイトでは、FXで完全自動売買を行うために必要な情報を書いていこうと思っています。システムを自分で作りたい方、システムトレードをやってみたい方は御覧になっていって下さい。
<< digitsの差の適応 | main | Blud600以降の警告 >>
Blud600番台のフォルダ
 こんばんは、システムトレード研究所の小松です。

 今回の記事は、「Blud600番台のフォルダ」です。

 MT4がアップデートされてBludが600番台になりました。色々と変更になっているのですが、一番お問い合わせを頂くのがEAが認識されないというものです。
 
 結論から申しますと、MT4が参照するデータフォルダの位置が変更されたからです。それに従い、システムやインジケーターを導入する場所が変更されました。

 以前のバージョンですと、EAを導入するのはMT4をインストールしたフォルダ > expertsでしたが、Blud600以降は下記のようなフォルダになります。
 
 C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Roaming¥MetaQuotes¥Terminal¥30ほどの数字とアルファベットの羅列¥MQL4¥Experts

 このようにかなり複雑なところに変更されました。

 普通に該当フォルダを見つけるのは大変ですので、下記の方法を推奨します。

 MT4を立ち上げた後メニューバーの「ファイル」から「データフォルダを開く」を選択するとBuild600の参照するフォルダが立ち上がります。


フォルダ01

 C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Roaming¥MetaQuotes¥Terminal¥30行ほどの数字とアルファベットの羅列

 ここのフォルダが開きます。

 次にMQL4フォルダを開きます。


フォルダ02


 最後に、EAを導入する場合は、Expertsへ入れてください。

 インジケーターを導入する場合は、Indicatorsへ入れてください。


フォルダ02


 毎回この方法で探すのは手間がかかりますので、上記のショートカットフォルダを制作しておけば楽だと思います。






システムトレード研究所〜FXで完全自動売買〜INDEXへ
MT4用オリジナルEAの制作・作成『オーダーシステム』 


--------------注意----------------


内容には注意を払っていますが、保障は出来ません。
実際に運用する場合は、自己責任でお願いします。




JUGEMテーマ:ビジネス

| 小松 | MetaTrader4導入編 | 16:06 | comments(0) | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>



このページの先頭へ