システムトレード研究所 〜FXで完全自動売買〜

このサイトでは、FXで完全自動売買を行うために必要な情報を書いていこうと思っています。システムを自分で作りたい方、システムトレードをやってみたい方は御覧になっていって下さい。
<< Blud600番台のフォルダ | main | マーケット情報の取得について >>
Blud600以降の警告
 こんばんは、システムトレード研究所の小松です。

 今回の記事は、「Blud600以降の警告」です。


 Buld600以降になってから、Buld600以前では問題がなかった内容でもMQL4でコンパイルすると警告が出るようになりました。
 
 警告なので大抵の場合特にそのままでも問題ないのですが、気になるという方のために一部の警告の消し方を書いておきます。



 return value of 'OrderSelect' should be checked

 「OrderSelect」の返り値がチェックされるべきです。(エキサイト翻訳)

 OrderSelectなどの一部の関数の戻り値をチェックしなければ警告が出るようになりました。


OrderSelect(cnt,SELECT_BY_POS);

 消し方ですが、上記のように宣言している場合、

if(OrderSelect(cnt,SELECT_BY_POS) == true)
{

}

のようにします。

 もしくはif文の意味がないですが、下記でも問題ないです。

if(OrderSelect(cnt,SELECT_BY_POS) == true);

 戻り値さえチェックしていれば問題ないようです。




 variable 'aaa' not used

 使用されない変数「aaa」(エキサイト翻訳)

 この変数が使われていませんという警告ですので、この使われていない変数を消せば警告も消えます。




 declaration of 'aaa' hides global declaration

 「aaa」の宣言はグローバル宣言を隠します。(エキサイト翻訳)

 グローバル変数と同じ変数を宣言していますという警告ですので、グローバル変数と違う名前の変数に変えれば警告が消えます。







システムトレード研究所〜FXで完全自動売買〜INDEXへ
MT4用オリジナルEAの制作・作成『オーダーシステム』 


--------------注意----------------


内容には注意を払っていますが、保障は出来ません。
実際に運用する場合は、自己責任でお願いします。



JUGEMテーマ:ビジネス


| 小松 | MetaTrader4 プログラム入門編 | 16:20 | comments(2) | - |
600番台でコンパイルすると警告みたいなのが出てきて困っていました。とても参考になりました。勝手にリンクさせていただきます(^^)
| 渋柿 | 2014/06/28 8:12 PM |
リンク有難うございます。お役に立てたようで良かったです。
| 小松 | 2014/06/30 10:36 AM |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>



このページの先頭へ