システムトレード研究所 〜FXで完全自動売買〜

このサイトでは、FXで完全自動売買を行うために必要な情報を書いていこうと思っています。システムを自分で作りたい方、システムトレードをやってみたい方は御覧になっていって下さい。
<< システムのパフォーマンスを向上させる方法 | main | パラメーターを変更する方法 >>
時間系の関数の説明
 今回は、時間系の関数の説明です。

 サンプルプログラムはこちらです。

 http://jidoubaibai.com/Sample%20Time.mq4

 サンプルプログラムの使い方は、こちらで説明しています。 

 http://jidoubaibai.com/burogu11.html


 時間系の関数は、現在の曜日、日付、時間などを出すための関数です。

 この関数を使うことによって、特定の日付だけ売買したり、特定の時間だけは売買しないといったことが可能になります。

 
 大まかに時間系関数の説明をして行きます。

 TimeYear()     年を取得します。

 TimeMonth()    月を取得します。

 TimeDayOfWeek()   曜日を取得します。(数字で取得されます。時差の関係もありますが、大体0が日曜日で、6が土曜日です)

 TimeDay()     日付を取得します。

 TimeHour()    時間を取得します。

 TimeMinute()   分を取得します。

 TimeSeconds()   秒を取得します。


 まだ関数はありますが、主だったものはこんなところです。

 この関数で時間が取得出来るのですが、このままでは現在の時間を取得して貰えません。

 少々ややこしいのですが、この関数はそのまま現在の時間を取得するのではなく1970年の1月1日からの経過した時間から計算して時間を出してくれるそうです。

 ですので、実際に使う場合は、関数の()の中にCurTime()を入れてください。

 例えば、TimeHour(CurTime()) で、現在の時間が取得出来ます。

 使用するだけなら、何も支障がないので、これもセットだと覚えて置いてください。

 使用方法としては、if( TimeHour(CurTime()) == 1){処理}

 これで、サマータイム中なら日本時間の午前八時に処理してくれます。


 サンプルプログラムは土曜日以外の日本時間(サマータイム中)午前8時に買い、午後8時に手仕舞いする内容になっています。

 コードを見られたい方は、サンプルプログラムを御覧下さい。

 今回はこれで終了です。

 まだ、ブログの内容のリクエストは受け付けていますので、何か希望する内容があるかたは下のアドレスの感想フォームに書いてください。

 http://jidoubaibai.com/kannsou.html

 お待ちしています。


 

 宜しかったら、応援して下さい



システムトレード研究所〜FXで完全自動売買〜INDEXへ


----------------------注意----------------------
 このブログは半角のスペースが認識されない為、コードを見易くするために全角で書いている場合があります。
 実際にプログラムにコードを書くときは、コピー&ペーストせずに半角で書いて行って下さい。

 また、内容には注意を払っていますが、保障は出来ません。
 実際に運用する場合は、自己責任でお願いします。
| 小松 | MetaTrader4 プログラム中級編 | 00:18 | comments(0) | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>



このページの先頭へ