システムトレード研究所 〜FXで完全自動売買〜

このサイトでは、FXで完全自動売買を行うために必要な情報を書いていこうと思っています。システムを自分で作りたい方、システムトレードをやってみたい方は御覧になっていって下さい。
<< ポートフォリオ理論を使ったポジションサイジング | main | MetaTrader4が使えて、日本語で対応してくれる業者 >>
逆マーチンゲール手法を使ったポジションサイジング
 こんばんは、DCです。今回は「逆マーチンゲール手法を使ったポジションサイジング」について詳しく説明します。


 まず皆さんは、マーチンゲール手法というのを聞いたことがあるでしょうか?マーチンゲール手法とは、ギャンブルで有名な手法で、「負けた場合、金額を倍にする」という手法です。


 例えば、確率50%のギャンブルをしていたとして、初回に500円賭けていたとします。負けたので、次は1000円賭けます。この場合、勝てば利益の1000円から損失の500円を引いて純利益は500円になります。1000円賭けていた勝負にも負けてしまった場合、次は2000円を賭けます。この勝負に買った場合も先程と同じように純利益は500円になります。


 このように、資金が無限にあると仮定する場合、この戦法は絶対に負けない素晴らしい手法です。しかし、資金が無限にあるはずがありません。この手法は負け続ければ、損失が倍に増え続けていくという欠点があります。例え、数回連続で負け続ける確率がとても低い確率でも、一度その低い確率を引いてしまえば破産します。実際にFXで使うにはお勧めしない手法です。


 今回紹介するのは、このマーチンゲール手法の逆の手法です。勝ったら掛け金を増やして行き、負けたら掛け金を減らして行きます。


 例えば、確率50%のギャンブルで元金が1000円で、その10%の100円賭けます。賭けに勝ち元金が1100円になったとします。次に賭ける時は、1100円の10%の110円を賭けます。逆に先程の賭けで負けていた場合は、900円の10%の90円を賭けます。


 この手法の利点は、勝ち続けている時は資金が増えていくスピードが上がり、負け続けている時は資金が減っていくスピードが下がります。欠点は、資金がかなり減った場合、損を取り戻すのが難しいということです。


 この逆マーチンゲール手法は、資産曲線が順調に右肩上がりのシステムにお勧めです。複利の恩恵をポジションサイジングに応用していますので、例え同じシステムでもこの手法を利用するかしないかで最終的な利益が数倍違ってきます。また、資産曲線が右肩下がりのシステムの場合でも、負ける度にロット数を低くして行きますので、最終的な損失が少なくなります。


 ただ、あまりにも資産曲線が上がったり下がったりしているシステムにはお勧めしません。理由は、勝ってから負ける時は損失が多く、負けてから勝つ時は利益が少ないからです。あくまで、コンスタントに利益が上げられるシステムに限り有効です。


 このように、システムに合ったポジションサイジングをすることによって、利益や損失が数倍も違ってきます。利益を上げられるシステムを作れるようになった方は、ポジションサイジングを色々と試してみることをお勧めします。


 

 宜しかったら、応援して下さい



システムトレード研究所〜FXで完全自動売買〜INDEXへ


----------------------注意----------------------
 内容には注意を払っていますが、保障は出来ません。
 実際に運用する場合は、自己責任でお願いします。 
| 小松 | システムトレード実践編 | 00:18 | comments(0) | - |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>



このページの先頭へ